カチドキ


最近、オンラインカジノKACHIDOKI(カチドキ)で、

スロット(パチスロ)伝説の4号機が打つ事ができると話題になっていますね!?

そんな事が本当なのか?詳しくみていきましょう。

 

 

スロット(パチスロ)4号機とは?

4号機の初期で言えば、花火・大花火などが有名です!

そこから獣王・アラジンA・ミリオンゴッド・サラリーマン金太郎など導入され、

このあたりの機種は古いイメージがあると思います。

 

さらにそこから4号機の北斗の拳、吉宗、秘宝伝、カイジ、北斗の拳SE導入されました!

4号機の北斗の拳、吉宗、秘宝伝は未だにゲームセンターには存在しているので、

知っている方も多いと思います。

 

4号機がなぜなくなったかと言うと、

1日10万円以上負けて翌日10万円以上勝てるなど、高額を1日で動かせると言う事で

ギャンブル性が高いので規制がかかって5号機と移り変わっていきました。

 

そこで気になるのはKACHIDOKIではなぜスロット(パチスロ)4号機が打てるの?って事になりますよね?

引き続き、ご紹介していきます。

 

 

KACHIDOKI(カチドキ)  4号機が打てる理由

KACHIDOKI(カチドキ)でスロット(パチスロ)4号機で打つ事ができる理由ですが、

単純にこれだと思います。

 

「まだ規制がないから!」

 

逆を言えば、その内に規制が入るかもしれません。

もし、打ちたいならKACHIDOKI(カチドキ)でスロット(パチスロ)4号機が規制でなくなる前にプレーしておきましょう。

 

ボーナスは4号機と言えば、1回のBIGが最大711枚!!

この機能が伝承された機種があります。


カチドキ